中古せどりのメリットデメリット

中古せどりはめんどくさい…

と巷でよく目にしますし

メールなどでも言われている方は多いです。

 

確かに間違いなく中古はめんどくさいです。

基本メンテナンスが必要なので…。

 

特に古着せどりやCDせどり、

中古家電せどりは

(利益額だけは魅力的)

手間が掛かり過ぎてめんどくさいので

私もやりたくないですw

 

ですが、中古せどりも

メリットやデメリットがあるので解説していきます♩

 

中古せどりのメリット

仕入れ値が安い

仕入れ値に関しては安いに越したことはないですよね♩

 

単純に仕入れ資金があまりかからないという事は

リスクを抑えることが出来ます。

 

資金が少なくても、

まともにせどりが出来るなんてありがたいなぁと

資金なかった私は思ってました(笑)

 

利益率が良い

仕入れ値が安くて利益率が良いと

キャッシュフローの心配を対してしなくても良いので楽です♩

 

出品規制がない

多分(笑)

 

出品数がそんなに多くない

新品せどりのように

一人の出品者が

何十個も数を持っているということは

ほぼないはずです。

 

少なくとも私は見た事ありません。

 

状態も様々ですから、商材によっては

かなり早く販売することが出来ます。

 

中古せどりのデメリット

検品やクリーニングがめんどくさい

一番のデメリットで間違いないです!

 

本以外はめんどくさいので

中古はあまりやりたくないです…

 

えり好みしすぎですねw

 

回転が悪い

これはよく言われてますね。

 

特に家電せどりはあからさまに悪いなと

モノレート見てても思いますね。

 

ライバルが少なければまだ良いかもですが。

 

ちなみに、古本せどりは自己発送であれば

むしろ回転良いですよ^^

 

古本せどりは回転が悪いと言っている方たちは

実際のところ、FBA組だけです(;^ω^)

 

まとめ買いが出来ない

新品せどりと違って何十個とか

基本仕入れられないので

レバレッジをかけにくいです。

 

まとめ買い出来ないからライバルは少ないけど

良し悪しありますねぇ(;’∀’)

 

クレームが多い

新品よりどう考えても多くなりますね。

どんなに丁寧に検品しようが

人間なので見落としますから。

 

人間のすることに完璧なんて

そもそも無理ですからね(;^_^A

 

だから、ある程度出来てたらもういいんですよw

 

Amazon評価だって95%以上あれば

体感的に対して売り上げ変わらないですよ。

 

だから、100%なんて目指さなくていいのです。

 

全体の5%まで悪い評価もらっていいんですよ。

 

そんな考えでも

98%の方は良い評価付けてくれるので

もう十分です(笑)

 

中古のメリットデメリットはこんな感じです。

他にも思いついたら更新していきます♩

 

じゃあ、どっちが良いの!?

とか極端な話ではなく

皆さんそれぞれの状況に応じて取り入れていくのがベストです♩

 

新品と中古のおすすめの比率

せどり初心者さんや資金が少ない方は、

まずは失敗が少ない古本せどりから。

 

せどり中級者でせどり資金がウン百万ある方は

新品メインで、利益率上げるために中古も取り入れる。

 

せどり上級者さんは…

私が言える立場じゃないけどw

せどりの枠を超えて、

融資受けて卸やら輸入やら始めて、

会社規模にしちゃえばいいと思います^^

(テキトーww)

 

まとめ

仕入れ資金によっても変わりますが

新品だけ、中古だけと固定してしまうのはもったいないです。

 

新品と中古、それぞれメリットがあるので

仕入れ資金と相談しながら

どちらもうまく取り入れるのが一番です。

 

私も今まではほぼ古本せどりばかりしていましたが

新しく新品せどりも取り入れて

バランス的にも良い感じなので

仕入れ資金やせどりに余裕が出てきたら

並行してするのをおすすめします♩

 

新品せどりについては、こちらの記事で解説しています。

新品せどりのメリットデメリット

2018.04.15

 

最後までご覧いただきありがとうございます^^

ポチっと応援クリックしてもらえると喜びます♩


人気ブログランキング

私とライン友達になりませんか?^^

友だち追加

ネットでは流せない情報を発信中です♩

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です