アマゾン小口出品と大口出品の違いと決める判断基準!せどりを始める時はどちらが良いのか?

こんにちは、めぎゅです^^

 

アマゾン販売始める時って、アマゾンの小口出品、大口出品どちらが良いのか迷いますよね。

私も始める時、一瞬迷いました。

 

結論だけ先に言うと、アマゾンで月に利益数万円単位は稼ぎたいとお考えでしたら大口出品一択です。

 

月額費用は痛く感じられるかもしれません。

メルカリとかであれば、売れた分しか手数料かかりませんし。

 

しかし、メルカリはビジネス利用は本来禁止されています。

垢BANも頻繁にありますし、安定性がないのであまりビジネス向きではありません。

 

垢BANとは
運営側に強制的にアカウントを削除されることです。

 

アマゾンも垢バンはありますが、逆にビジネス向けです。

 

アマゾンの販売力は他のプラットフォームに比べてもブランド力が違います。

 

役に立つ便利なツールも豊富ですので、個人の参入霹靂が低い割に大きく稼ぐ(数十万〜)には必須のプラットフォームになります。

 

 

まず、アマゾンの小口出品と大口出品の違いをご説明しますね。

 

アマゾン公式の小口出品と大口出品の違い

これらの画像だけ見せられてもピンとこないかと思うので、順番にご説明します。

 

月額登録料

小口出品ですと月額使用料はかかりませんが、大口出品ですと月額税抜き4,900円必要です。

 

その代わり小口出品は、1点売れるたび100円の基本成約料がかかります。

 

金額だけみても、月に50個以上販売すれば小口出品はで大口出品の方がお得という事になります。

 

1日に2点売れればいいわけです。

副業で始められたとしても月に数万円稼ぎたいという志があれば、誰でも突破できる数だと思います。

 

新規の方向けに、月額キャンペーンをやってることもありますが、待たずに早く始めた方が時間の無駄にならずコスパ良いですよ。

 

実際のところ、売り上げから月額費が相殺されるのであまり気にならないと思います。

 

一括出品ツールの利用

小口出品ですと、1商品づつ出品しなくてはならず非常に手間ですが、大口出品であればまとめて出品可能です。

 

他にも大口出品ですと、アマゾンは便利な時短ツールが豊富にありますので作業が非常にになります。

 

注文管理レポートの利用

大口出品だと、売り上げ、数量、セッション率(見られてどのくらいの割合で売れているか)などを詳細に知ることが出来ます。

振り返りもできますので、ないよりはあった方がいいです。

 

出品者独自の配送料金とお届け
日時指定の設定

大口出品の場合、お客さんに自分で配送する場合は、配送料金とお届け日時の指定が出来ます。

 

購入者へ提供できる決済方法

大口出品の場合

コンビニ決済

代金引換

Edy払い

も対応可能なので、販売機会を逃しません。

 

コンビニ払いの方はいまだに割といるので対応出来た方が良いですよ。

代引きは自己発送だと手間の割に、割に合わないので必要ないですが^^;

 

 

利用可能なオプションサービス

広告が使えたりしますが、今からアマゾン始める人には関係ないのでここは省略します。

(アマゾン中級者以上じゃないと使用しないので)

 

他にも今からアマゾン始められる方には公式で分かりにくい(細かい規約読まないといけないので)小口出品のデメリットを解説します。

 

公式で分かりにくい小口出品のデメリット

ショッピングカートの獲得が出来ないので売れにくい

小口出品ですと、最初からカート獲得の権利がありません。

 

お客さんが自分から商品一覧を選んでもらわないと、購入してもらえないという事ですね。

 

中古ならまだしも、新品商品はどれを購入しても状態が一緒なので、ほとんど「カートに入れる」から購入されます。

 

新品商品は差別化しにくいので、基本的には価格が安いものがカートに入りやすくなるんですね。

つまり、小口出品だと売れにくいという事です。

 

小口出品は価格を自動で売れやすい価格に調節するツールも基本使えませんので、新品を取り扱う予定であれば大口出品一択になります。

 

小口から大口に変更できない事が‥

とりあえず小口でアカウント作って、いざ大口にしようとしたら許可が下りない‥なんて事が時期によってはあるようです。

 

アマゾンも今は出品者登録に審査を設けているみたいなのでしょうがないとは思いますが、小口の実績があって大口に変更しようとしたら出来ないなんて困ったものですね。

 

今から月数万円〜稼ぎたい!と思われているのでしたら、最初から大口出品にしておいた方が良いです。

 

オリジナル商品の出品

小口出品ですと、一から商品カタログを作る事ができません。

今からアマゾン出品を大口か小口かで考えられている方にはあまり関係ないですが、デメリットではあるので記載しました。

 

アマゾンを始める時は大口と小口どちらが良いのか?まとめ

大口出品の優位性は十分分かっていただけたかと思います。

 

月に数万円でも稼ぎたい!

と思われているのでしたら、大口出品一択です。

 

こういう必要な事に関しては、すばやく投資した方が結果早く稼げます。

お金を支払いプレッシャーを与える事で頑張れたりしますしね。

 

みずから行動する仕掛けを作っていくイメージですね。

 

ぜひ思い切って大口出品から始めてみてくださいね^^

 

それでは、また!



無料メルマガ会員様募集中です!

メルマガ登録で、本せどり実践に使える教材を2つプレゼント中です^^


●「100円コーナー攻略法」
以前ココナラで販売した有料教材です。 特にせどり初心者さんや、資金が少ない方におすすめです^^


●「高額本リスト」


高く売れる本の傾向を掴めるので仕入れに役立ちます。

これら全て無料でプレゼント中です♩


せどりや、情報発信について、ブログには書かない様な内容や追加プレゼントもありますので、ぜひご登録下さい^^



※不要の場合は2クリックのみで簡単に解除出来ますのでご安心ください。

※gmailでのご登録をお願い致します。iCloud、携帯アドレス、outlook、hotmailのメールアドレスですとメールが届きません

※入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。外部への共有、貸出し、売却等は決して致しません。

※登録いただいたメールアドレスには不定期で私のメールマガジンが届きます。有益な情報や様々な追加プレゼントを配布予定ですので、主にお使いのメールアドレスをご入力ください。

3 件のコメント

  • 禁止されているのは無在庫転売とかですか?

    いまだに無在庫転売やっているところ居ますからね。

  • あびこ にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です