価格改定ツールの選び方のポイント【せどり】

こんにちは、めぎゅです^^

 

前回、価格改定ツールがなぜ必要かについて解説しました。

せどりの価格改定ツールは必要なのか?

2018.09.25

 

価格改定ツールの必要性は分かった。

でも、価格改定ツールってたくさんありすぎて、どのツールを使うか迷いますよね。

 

人それぞれ状況が違うので、最適なものは変わります。

 

今回は、価格改定ツールの選び方について解説していきます。

 

ちなみに、私が実際に使用してるのはプライスターです。

総合的に見て、最もバランスの良い、使いやすい価格改定ツールですよ^^

 

2年以上使用すると月額3900円になるので、密かに楽しみにしています(笑)

 

 

価格改定ツールの選び方のポイント

価格改定ツールの選び方を間違えると、安物の価格改定ツールを導入して節約出来たつもりでも、実際は価格改定が正常に出来てない事もあります。

売れないなぁと思っているうちに販売機会を逃していた、なんてことも(;’∀’)

 

こうなってしまっては、ツール代をケチったせいで気が付かないところで大損していた…何てことになりかねません。

 

ですので、価格改定ツールの選び方のポイントをしっかり押さえておきましょう^^

 

WebツールかPCインストールツールか

何もしていないのにパソコンが動かなくて焦る(ハリネズミ)

Webツールは、一度出品する際に価格改定ルールを設定してしまえば、放っておいても自動で価格改定が始まります。

仮にパソコンがなくても価格改定はできます。

(もちろん、パソコンはあった方が作業効率が大幅にアップします。)

 

ですが、PCインストールが必要な価格改定ツールですと…

 

・常にパソコンを起動する必要がある

・そもそもMacは使えない

 

などあります。

 

メインパソコンでこれをやってしまうと、パソコンに余計な負担がかかります。

価格改定が上手く出来てない事もあるようで、不安定になりがちなようです。

 

パソコンに負担を掛けたくない、Macだから使えないという方は

月2000円程度で仮想サーバーをレンタルできるので、そちらを利用するというのがスタンダードのようです。

 

ですが、Amazonの中古のノートパソコンでしたら7000円程からあります。

いっそのこと価格改定用に中古パソコンを購入した方が、仮想サーバーをレンタルするより月額使用料がかからないのでコスパが良いかと思います。

 

個人的には、パソコンの起動がいらないWebツールがおすすめです^^

 

 

価格改定の頻度

エンジニアの暇つぶし(ハンドスピナー)

あなたが取り扱っている商材の競合や発送方法(自己発送かFBAか)にもよりますが、基本的には売れやすくなるため早ければ早いほど良いです。

 

特に、新品は差別化が難しいです。

改定が遅いとカートを取るのが難しい為、非常に売れにくくなります。

 

 

操作が簡単かどうか

UIが悪くて、なかなか操作できなくてイライラするドイツ人ハーフ

 

価格改定ツールによっては、導入から複雑で大変なツールがあります。

 

私自身、エクセルツールやPCインストールツール導入で挫折した事があります…(;’∀’)

 

価格改定ツールの設定や使いにくさで、しなくてもいい消耗をする羽目になります。

 

 

特に私のようなPCや機械操作に自信のない方は、Webツールの方が良いですよ(;^_^A

 

 

あなたが必要な機能があるか

取材に必要な手帳とノートPC

価格改定ツールは、シンプルに価格改定のみしてくれるものもあれば

 

・出品機能

・評価依頼メール自動送信機能

・売上管理機能

 

などの機能がついているツールもあります。

 

個人的には、少なくとも↑の機能はすべて必要だと思っています。

 

価格改定ツールの選び方まとめ

以上のポイントを押さえて頂き、あなたに合った最適な価格改定ツールを選びましょう^^

 

と言っても、操作性などは実際使ってみないと分かりません。

初月無料の価格改定ツールでしたら、金銭的リスクはありません。

色んなツールを使って、最適な価格改定ツールを見つけるのがベストかと思いますよ(^^)/

 

価格改定ツールの比較まとめの記事はこちらからどうぞ。

価格改定ツールのおすすめは?比較まとめ【せどり】

2018.10.11

 

それでは、また♩

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です