せどりの価格改定ツールは必要なのか?

こんにちは、めぎゅです^^

 

せどりの価格改定ツールは必要なのか?

 

必要かについては人それぞれ賛否両論ありますが、私は必要あると断言します。

 

もちろん、月1万円のお小遣いを稼げれば十分という方には不要です。

 

ですがこの価格改定ツールの記事を見て頂いているという事は、最低でも月3万円以上は稼ぎたいと思われているかと思います。

ですので必要と断言します。

 

なぜ必要あると断言できるのか、理由を述べていきたいと思います。

 

せどりの価格改定ツールが必要な理由

圧倒的に早く売れる

編隊飛行(ブルーインパルス)

価格改定ツールは設定さえ適切にしていれば、あなたが寝ている時でも自動で1番売れやすい価格に調節してくれます。

 

手動ではとても間に合わない、急な値上げも文句も言わず自動で改定してくれます。

 

せどりはどんなに仕入れてきても、そもそも商品が売れなければ仕入れた金額分がマイナスです

 

せどりは物販ですので、販売して初めて利益になります。

販売して得られた売り上げを再投資することを繰り返すことで、お金を増やしていきます。

 

ですので、早く販売するに越したことはありません。

 

 

商品が早く売れないと…

 

 

・仕入れ資金の回収が遅れてキャッシュフローが悪化する(最悪黒字倒産)

・在庫スペースの圧迫

・商品の価値が下がる(時の経過とともにプレ値になることもありますが、ごく一部です)

・FBA保管手数料が毎月かかる

 

など、お金を稼ぐ為に始めたせどりなのに、せどりを続ける程収支がマイナスになります。

 

黒字倒産とは

会計上は利益がきちんと出ているにも関わらず、支払いなどが間に合わなかった結果として起こる倒産が、黒字倒産です。

物販ではあってはならない事です。

なので、まともにせどりの情報発信をされている方はキャッシュフローを口酸っぱく言うのです。

そんな悲劇を避けるためにも、あるだけでマイナスにしかならない商品をゴミになる前に、適正価格で早く売り抜く事が大事です。

 

相場より高い値段で出品して、たまたま500円や1000円高く売れたら嬉しいですが、そもそも1日全在庫の1%かそれ以下しか売れてないと資金回収が遅れるわけです。

(仕入れ基準によっても変わりますが、うちの場合は平均3%~5%位です)

1日在庫の1%かそれ以下しか売れてないと、お金が増えるスピードが遅くなります。

 

私は以前手動で価格改定していたのですが、価格改定ツールを導入した途端…。

売り上げ、売上数ともに3倍以上跳ね上がりましたw

 

ちなみに当時は全て自己発送でした。

(この頃は高回転商品ばかり取り扱っていたので、その影響もあります)

 

手動を週1で、4時間(在庫800強位)も頑張っていたにも関わらずツールに一瞬で負けましたw

私のあの無駄に頑張った時間は一体…

価格改定ツールをもっと早く取り入れればよかったなと本当に思いましたね…(;’∀’)

 

あなたが、中古の本、CD、DVD、ゲームなどのメディア商品を取り扱っているのでしたら、導入前に比べて確実に売り上げは上がるはずです。

(価格改定ツールを使っている出品者が多い為)

 

新品商品を取り扱っていても、価格が安い方がカートが取りやすいので売れやすくなります。

 

自動で評価を集めてくれる

赤いリボンとレター

※価格改定ツールによってはついていません

評価依頼メールはAmazon歴が浅く、評価数の少ない初心者さんには特にあった方が良い機能です。

評価数が少ないと明らかに売れにくいです。

(評価100以上の時と比べて、3分の2かそれ以下位です)

 

メルカリ、ヤフオクなどと違い相互評価制ではないため、評価依頼メールを送った方が何倍もお客様が評価してくれる確率が上がります。

(うちは約7倍増えました)

 

ツールによっても違いますが、注文確定~発送後何日後になどメッセージを設定しておけば、自動で送ってくれます。

(テンプレートの文章はツールに入っているので、自分なりにアレンジすればOKです)

 

自分でちまちま手動で送るよりもタイミングを間違えないです。

何より1度設定さえすれば、1秒も評価依頼に時間を取られないので非常に楽です。

 

評価数が少ないと明らかに売れにくいですので、Amazon歴が浅い方程取り入れた方が良いです。

 

具体的な数字を言うと、評価数100以下の方になります。

 

もちろん100と言わず、多ければ多いほど良いです。

お客様の信頼を得られますので売れやすいです。

 

悪い評価を集めることになるといわれる方もまれにいますが、悪い評価は評価依頼しなくても来る時はきます。

(気になるようでしたら、悪い評価を削除すればいいだけです)

 

ですので、そういった細かい事を気にするより、早く評価数を増やしてアカウントの信頼度を上げた方が良いです。

 

評価依頼メールは、自動で評価を集めてくれるので非常に楽ですよ。

 

出品が楽

※価格改定ツールによってはついてません

コンディション毎に出品コメントを事前に作っておけば、出品コメントが自動で入ります。

 

ですので、そのままバーコードリーダーで連続出品することが出来ます。

 

短時間で大量に出品が出来ますので、Amazonのセラーセントラルから1商品ずつ出品なんて出来なくなりますw

 

私の場合中古本20冊、Amazonのセラーセントラルからの出品に30分位かかっていたのが、価格改定ツールの出品機能を使えばわずか2分足らずで完了します(100円本の場合)

 

やり方がまずかったというのもありますが、出品ツールを使うだけで約28分も節約出来ました(;’∀’)

 

 

経理管理が楽

ノートと電卓(経理)

※価格改定ツールによってはついてません

出品時に値札を見ながら仕入れ値を入れておくと、自動で売り上げ集計と現在庫の集計が出ます。

 

・どのくらい売り上げがあって利益がいくら出ているのか

・現在庫の数や、仕入金額、在庫金額

 

が表示されるます。

常に売り上げ、在庫状況を把握することが出来ますので安心感があります(*^-^*)

 

とは言っても、価格改定ツールにはデメリットもあります。

 

価格改定ツールのデメリット

自動で値下げされる

【も】もっと目立たせて、ここももっと目立たせて

・新規出品者や評価の少ない出品者

・買い取り業者

・価格改定ツールの仕組みを利用して、悪質な刈り取りをする人

刈り取りとは
Amazon内で相場より安く買って高く販売する手法です

 

主に上記の方々が、相場より極端に安い価格で出品してきたせいで価格が釣られてしまい、予想外に安く販売してしまうことがあります。

 

ですが、価格改定のルールを細かく設定したり(具体的には、1日の値動きの上限を決めるなど)

あらかじめ、赤字ストッパーを相場の金額で設定しておけば防げます。

※価格改定ツールによっては、そのような設定がない場合があります。

 

価格改定のルールは、一度作ってしまえば基本放置で良いです。

 

あえて言うなら、デメリットは赤字ストッパーの入力が必要な位です。

 

ちなみに私の場合、下げ幅の低い低単価の商品に関しては出品の際、赤字ストッパーを固定させてから出品しているので、手間ではありません。

下げ幅の大きい高額商品だけ、1点ずつ入力する感じです。

 

自動なのに完全放置出来ない

路上に放置された宝箱

価格改定ツールの価格改定は機械的ですので、完全放置は出来ません。

 

他の出品者が、その金額で売れるはずがないであろう高額な金額に設定していたら釣られることもあるので、チェックはした方が良いです。(上限のストッパーも一応かけられます)

 

ちなみに私は1か月に1回、世間様の給料日前に売れ残りの損切祭りをしているんですが、その時に目についた商品の金額を訂正したりしています。

 

もちろん、もう少しちゃんとやったほうが良いです(;’∀’)

私は特にキャッシュフローには困ってないので、こんな感じなだけですw

 

月額使用料がかかる

金欠に苦しむ貧困女子

無料でAmazon純正の価格改定ツールがありますが、使いにくいです。

 

ですので、価格改定ツールを使おうとしたら有料になります。

 

ですが価格改定ツールを使用することにより、売り上げが増えたり、時間を大幅に節約することが出来るなど様々なメリットがあります。

 

私の場合であれば

 

売り上げ、売上数3倍以上アップ

・手動の価格改定を週1、4時間以上(当時800冊強)→月1、1時間に短縮

評価率7倍アップ

・中古本20冊の出品が30分(要領が悪かったというのもあります)→2分に短縮

 

 

 

ですので費用対効果を考えると、もはや価格改定ツールを取り入れない事による損失の方が大きいです。

 

 

せどりの価格改定ツールは必要なのか?まとめ

価格改定ツールを取り入れることにより、大幅な売り上げアップや作業効率を飛躍的に上げることが出来ます。

 

あなたが

・月に3万円以上の利益が欲しい

・効率的にせどりをやりたい

・在庫が100商品以上

これらのどれかに当てはまるのであれば、価格改定ツールは必要です。

 

価格改定ツールは、

・安かろう悪かろう

・常にパソコンの電源を入れてないと動かない

・中古商品のみ

・自己発送のみ

・価格改定1日3回まで

・シンプル

・高額だけど多機能で使いやすい

・高額なのに分かりづらく使いづらい

・対応が素晴らしい

 

など豊富にあります。

 

価格改定ツールは、初月無料のところが多いです。

迷われている方は、初月無料の価格改定ツールをお試しで導入されてみるといいですよ^^

 

ちなみに私はプライスターを使っているんですが、簡単操作で非常に使いやすいです。

複雑な設定などで消耗して疲れることもないのでおすすめですよ。

 

色んな価格改定ツールの中でも、一番バランスが取れている価格改定ツールだと思います^^

プライスターはこちら

 

価格改定ツールの選び方のポイントについてはこちらからどうぞ。

価格改定ツールの選び方のポイント【せどり】

2018.10.09

 

 

それでは、また♩





無料メルマガ会員様募集中です!

メルマガ登録で


・「100円コーナー攻略法」 以前ココナラで販売した有料教材です。 特にせどり初心者さんや、資金が少ない方におすすめです^^


・「高額本リスト」 高く売れる本の傾向を掴めるので仕入れに役立ちます。

これらを全て無料でプレゼント中です♩

せどりや、情報発信について、ブログには書かない様なお役に立てる内容も書いてますので、ぜひご登録下さい^^

お名前
メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です